忍者ブログ
心の内側に理想郷を。 ※画像の転載は一切禁止です。
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近読んだ中でタルパ関連の本は二冊。一冊はアマゾンのレビューとツイッター2アカウントとタルパアンテナのコメント欄で宣伝したミタヒツヒト先生の『イマジナリ・フレンド』
 それからもう一冊は、かの有名な『タルパ×コンプレックス』です。
 
 前者はタイトル通りタルパ扱ってるわけじゃないですが、扱われる考え方がとても良い作品でした。帯とカバー裏分以上のネタバレをしないよう気をつけつつ話します。

 この作品の世界では、イマジナリ・フレンドは「孤独な人間だけに見える空想のともだち」です。見えますし聞こえます。他人には見えないし聞こえませんが、同様にイマジナリ・フレンドと共に生きている人には、見ることができます。
 ただし、条件を満たして一般的なそれのように別れの時がくれば、イマジナリ・フレンドに関する記憶は一切失われてしまいます。

 この作品何よりの特徴は、やはり見えるとはいえ「空想のお友達」であるところのイマジナリ・フレンドに対する、人々の様々な接し方を一冊にしている点でしょう。あまり詳しくは述べませんが、彼らは自分なりの納得を探し求めます。私がタルパーの人達に読んで欲しいと思うのは、そういう点においてタルパとの付き合うのに色々考えられそうだと思ったゆえのものです。
 私は少し前ツイッターで流行った共感性羞恥があるようなので、読んでいて恥ずかしくなる小説は苦手ですし、主人公の山持くんは対人面で大分やばそうだったので読んだ時は中々進まなかったものですが、案外読みがたい場面も少なかったです(無いとは言ってない)

 ぜひとも読んでみてください。何か質問があればコメントにどうぞ。もらえると多分すごくうれしい。
 もう一冊『タルパ×コンプレックス』の感想は、今色々しているところでもあるので、また後日。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
亜麻にゆ
性別:
男性
趣味:
絵描き
自己紹介:
タルパー。
タルパはみゆり(九年目)と、冬音(二年目)、雫(半年くらい)の三人です。
タルパの存在を創作に活かせたらなあと思う今日この頃。
記事へのつっこみはいつでもお待ちしております。
Twitter:@ama_niyu(メイン) @ama_shizuku(タルパ関連)
カテゴリー
PIXIV
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.