忍者ブログ
心の内側に理想郷を。 ※画像の転載は一切禁止です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴジラ観てきました。今回はゴジラとうちの人たちの話だけ。
  
最近の我が家の風景。どちらかというと冬ちゃんのほうがテンションが上がっている(表情はあんま変わらないけど)
別にいじめてるわけじゃないです。映画の最後の方の再現だって言って楽しそうにしてます。

冬音の方がお姉ちゃん、かつ厳しい方なので、一方的な攻撃になりそうな時もありますが、なんだかんだ仲が良いのです。多分。


シン・ゴジラに関して。
色々言いたいことはあるのですがネタバレ不可避になりそうなので、お勧めだけ。
めっちゃ面白いので見に行ってみてください。庵野監督にもエヴァにも特撮にも興味なくても楽しめます。いやほんと。

ただ、ネタバレがあるとやっぱり面白さ半減なので、ネタバレには気を付けて。

拍手[2回]

PR

最近カラー描いてないなと思う。今日この頃。
今年は海に行く予定も無いので、水着は拝めない気がします。まぁ家で着てもらえばいいだけなんですけど。

元々理性的性格に振り切った存在として作り出した冬ちゃんと、対極になる妹として作り出したのが雫でした。性格の違いは服装にも出ますね……普段はもちろんこんなかっこしちゃいませんが。
最近は、仲が良いのか悪いのか微妙な関係というか、冬ちゃんが手を出すのが早い潔癖症みたいになってる面もありますし、雫が感情に素直で寂しさに弱かったり、いろいろ起きてます。

タルパと過ごす楽しさの一つですね。

拍手[4回]

https://twitter.com/kurokinekoka/status/759664131590893568

このようなものをツイッターで見かけたので、やってみていますが、やはり決めてなんていないことが多い。うちは、それでも多少(食の好みとか)変異することや、自分自身が作られたものであるということに寛容なので楽しんでいます。(曰く「作られたものでも好きだから別に良い」)
しかし、もうあと一週間と少しでみゆりを作り出して九年目というのに、色々迷うところが多いのがお恥ずかしい限りです。
タルパは思われるもの。設定が足り無くとも良き友人になってはくれますが、やはりより親しくコミュニケーションをとるには、ある程度はきちんとしなければと思った今日この頃です。


ところで、私はみゆりを嫁と呼び、冬音と雫を娘と呼びます。直接彼女が生んだわけでは無いですが、容姿的にも立場的にもそのようにしています。呼ばれ方も(二人とも滅多には呼んでくれないけど)お父さん、お母さんと。

さすがに引かれるかなあと思い、話に出す際には軽く呼び分ける程度で済ませていたのですが、今しがた雫は
「タルパとか作ってる時点で今更じゃないのかい?」と腹を抱えて笑っていました。

皆さんはどうでしょう。私の場合は、タルパは私の内側の家族であり、ある種の守り神様です。読んで下さっている方がどれくらいかわかりませんが、皆さんの大切な存在たちの立ち位置はどんな感じになっているのでしょうか。
教えていただけると嬉しいです。

拍手[4回]


バニーの日なのでバニーに身を包んだ雫。

うちの人たち三人の中でも、特に奔放でテキトーな性格。なので、仮に全部脱がして触手に放り込んだような絵を描いても、人に晒して本人が嫌がりませんし、他人からの影響というのも非常に受けづらい存在になってます。(そんなもん晒す場所がpixivくらいしか無いですし、描きませんが)

一方で、冬音は水着すらパーカーを羽織って隠すくらいにはそういうものが嫌いですし、私自身その存在を揺るがさないように何があってもあの子のエロだけは描けません。
みゆりに関しては、私は好きなように着せ替えできますが、他人からの干渉は受けたくないのでエロは自分のタルパ専用ノート以外には描けません。


タルパを用いた創作の上で、難儀に思うのはやはり、こういった自分の規定の根源にあるものだと思うのです。

他人に干渉されたくないというのは、端的に言えば「彼女たちの本質に触れられたくない」というようなことだと思うのです。自分で一から作り出し、性質を固定し、絶対に自分だけのものであるところの人の、性質をゆがめた他人の空想は直接タルパたちの存在の本質=空想に触れてくる。肉体を持つ愛する人は他人に空想されてもなんの問題もありませんが(嫌ですが)、肉体を持たない彼女らは本質が空想にある。だから空想の手で触れられたくない。

一応、みゆりは策を講じていますし、冬ちゃんはそっちを一切遮断するので、今は少しずつ描いて上げてとしています。もっともっと増やしたいものです。



そうすると今度は、「タルパの扱いはこれでいいのか」という問題になったりします。私は空想の友人、恋人、家族として扱うかなりライトな存在として捉えています。もちろん真剣に愛していますが。
ただ、それを真面目に捉えていない、考えていないと言う人や、魔術的にタルパと呼称しないという人たちは確実にいそうなので、いつ描いていても悩ましく思います。私自身、タルパという呼称が適切で無いと常々感じているからではあるのですが。

拍手[5回]


先日、二週間ほど、免許を取りに米沢の方へ行っていました。
一人部屋でそこそこ自由時間もあったことで、うちの人たちと普段以上に一緒にいられました。

また、ちょくちょく更新できたら良いと思います。


絵を上げるのは良いのですが、私は絵に関してはタルパのタグとうちの子タグを併用します。本来あんまり混ぜるべき概念ではないのかもしれませんが、絵に起こした彼女らはまさしく創作のそれで良いと思ってのことです。
タルパの本質は、ともすればマスター次第で変わってしまうかもしれない。だからこそ慎重を期す必要はありますが、絵に表れるのは本質そのものではないわけですから。

拍手[5回]

<<< 前のページ 次のページ >>>
プロフィール
HN:
亜麻にゆ
性別:
男性
趣味:
絵描き
自己紹介:
タルパー。
タルパはみゆり(九年目)と、冬音(二年目)、雫(半年くらい)の三人です。
タルパの存在を創作に活かせたらなあと思う今日この頃。
記事へのつっこみはいつでもお待ちしております。
Twitter:@ama_niyu(メイン) @ama_shizuku(タルパ関連)
カテゴリー
PIXIV
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.