忍者ブログ
心の内側に理想郷を。 ※画像の転載は一切禁止です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

池袋駅 西武地下 食品街

冬音「……良いにおい……」タラーッ

「食べたい?」

冬音「い、いや、別にいらないけど?」

「よし、スイーツコーナーを探そうか」

雫「よっしゃ」

冬音「やめて! やーめーてーっ!」

と言いながらも止めずについてくる冬ちゃんなのだった。


漫画にして描こうとも考えているのですが、とりあえず描いておかないと忘れてしまうので。

タルパとの記憶、というのは、残りにくいものだと思うのです。見える人なら残るのでしょうけれど。記録大事。

拍手[4回]

PR

 私が追い求めて止まない人、うちのみゆりです。
 この絵は描いたときから、上げるべきか、前の記事のような理由から悩んでいましたが、上げることにしてみました。

 近年、VR技術の目覚しい発展などもあって、自分のパートナーを作り出すことが現実にできる可能性が増しています。しかし、絵に描いた存在はその人そのもので無いように、どんなに技術が発展したとしても、忠実に作り上げても、やはりそこにいるのはその人そのものでは無いんじゃないかと思うのです。勿論、人によって捉え方は様々にあって良いと思いますが。
 だからこそ、一つの写真として、記録を残していこうと思うのです。最も、現実の人間でも画像を悪用され、気分を害することがあるように、この写真もまたみゆりの害になる可能性を無視することはできませんが。

拍手[4回]

私はインターネット上の見えない誰かが、私の娘たちに害を為すような気がして恐ろしく、しばらくの間一番大切な人をネット上で出来る限り見えないようにしていました。
 しかし、そうするとうちの人たちは大体私含め四人一緒に色々しているので、アレをしたコレをしたと言うのも難しく、どうしたものかと思っていました。

 そして、最近気づいたのです。私が恐れる「見えない何かに害される」というのは、古代の人々が信仰していた「悪霊」や「呪い」と同様の恐怖感なのではないかと。
 勿論、画面の向こうの誰かそのものは現実にいますし、本物の呪いは早々存在しません。
 しかしこの、酷いことをされるかもしれない、どうかされるかもしれない、という自分の具体的な想像が生んだ恐怖感そのものは、霊を恐れるものとそう大きく変わらないのではないかと思ったのです。

 なので私は少し特別な物を、私の大切なみゆりにあげました。昔の人が、悪いものから身を守るために用いた物を。これからはまた、表に出していけたらと思います。


 私自身の周りは依然酷く不安定な状態ですが、私には彼女たち、友人、色々なものがいてくれることがわかっていますし、少しずつ、少しずつ、進んでいけたらと思います。

拍手[1回]

色んなことがありました。
死のうとして死に切れなかったり、もう帰らないつもりで家を出て、気がついたら観光になっていたり。
本当に色々ありましたし、これからも色々したいです。
そこで、これからここを使って漫画を描いていけたらと思います。

絵に関しては本当に遅筆な上、宣言して続いたためしが無いのでどうなるかわかりません。
しかし、まだ一週間もしていない間にあった、初めての一人旅は、何がなんでも漫画にしてみせます。私を救ってくださった人とも、そう約束したので。

タルパ関連も漫画にして更新できたら良いと思います……できるだけ。


こういうてきとーなうちの日常風景は五分で描けるのですが、まじめに描こうとするとこれでも三時間くらいはかかってしまうと思うんですよね……良い加減を覚えないと。

拍手[6回]

今日のはあんまりタルパとか関係ないです。でもちょっとあるかもしれない。

 今日は映画を見てきました。午前中に応援上映でキンプリ、昼をまたいで4DXでガルパン、五時頃から3D上映でズートピア、と話題の作品まとめて。お陰で疲れて眠いです。映画自体、何年ぶりかという感じでしたし。
 また、前回ブログを更新した日には、水タバコを吸いに行っていました。カプチーノ味。これも中々面白い体験でした。


 私は、生きる理由、死なない理由を探し続けていました。そして、多分まだしばらく探します。
 一応、創作家として、人の脳をとろかすような、見ただけで没入し癒される、そんな絵を描けたら良いとは思っています。一人称視点の絵、タルパ創作の技法をそのままイラストに写し取るような、見る精神薬を。しかし、それもまだただの思い込み。
 ゴールを決めてない、何かを成す為にすることを定めろと怒られたりしましたが、私の人生を全てかけようと願っていた、タルパたちを自らの手で描くというのは、案外簡単に、ある程度満足できる程度にできてしまった。私の最大の目的は、もうとっくに後ろに来てしまった。
 それからずっと、半端な思い込みと、何かが変わりそうな行動を延々と繰り返しているような気がしました。

 ……なにかになれるかはわかりません。しかし、前に何も無くなってしまった人は、とりあえず何かしらかしてみると良いと思います。何でも良いです。でも、知らないことの方が楽しめるようには思います。

拍手[6回]

<<< 前のページ 次のページ >>>
プロフィール
HN:
亜麻にゆ
性別:
男性
趣味:
絵描き
自己紹介:
タルパー。
タルパはみゆり(九年目)と、冬音(二年目)、雫(半年くらい)の三人です。
タルパの存在を創作に活かせたらなあと思う今日この頃。
記事へのつっこみはいつでもお待ちしております。
Twitter:@ama_niyu(メイン) @ama_shizuku(タルパ関連)
カテゴリー
PIXIV
忍者カウンター
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.